UbuntuでのTCL/TK環境の構築について(2011.9.14)

1.suを可能にする。

sudo passwd root
でrootのパスワードを設定すればよい。 以下の作業は、
su
でrootユーザになってから行う。

2。apt-get

以下を実行。
apt-get install m4
apt-get install autoconf automake
apt-get install vim
apt-get install libgmp3-dev
apt-get install tcl8.5
apt-get install tcl8.5-dev
apt-get install tk8.5
apt-get install tk8.5-dev
apt-get install libxmu-dev
以下はOpenGL関係。
apt-get install libglut3
apt-get install libglut3-dev
ただし、ubuntu11.10では変更になっていて
apt-get install freeglut3
apt-get install freeglut3-dev
を実行してください。

3.ubuntu11.10

ubuntu11.10では、compileのときにエラーがでます。
ソースを展開してできる、ss200/src/configure.inの中の
CFLAGS=""
の行を
CFLAGS="-Wl,--no-as-needed"
と変更する。このあと、
./ss-install /usr
をss200のディレクトリで実行します。

4. GMP

最近のubuntuでは、入っています(libgmp3c2)。上記のlibgmp3-devはその開発用パッケージです。  ほかのlinuxなどで,もしパッケージが見つからないときでも、ソースからのコンパイルでできます。

configureのときは
./configure --prefix=/usr
とします。